資格 通信講座>建設業経理事務士2級

建設業経理事務士2級

建設業で、専門の簿記会計知識と会計処理能力をもった建設業経理のプロとして活躍できるのが、建設業経理事務士。

1級から4級まである建設業経理事務士資格。
中でも建設業経理事務士2級資格は、
建設業界特有の簿記・原価計算から決算事務までを広く行なうエキスパート。


建設業経理事務士2級 

試験日 年1回 (例年3月第2日曜日)
受験資格 特に制限はありません
試験内容 ・建設業の簿記・原価計算及び会社会計(試験時間2時間)

実践的な建設業簿記、基礎的な建設業原価計算を修得し、決算等に関する実務。
建設業界では一般の製造業界とは異なり、特殊な会計処理や勘定が求められるため、
建設業経理事務士資格は専門的な知識の持ち主として期待されます。
また総務・経理職はもちろんのこと、営業マンや技術に携わる人であっても、基本的な会計・経理の知識があれば、ご自身の仕事にいろいろ活かせます。

建設業経理事務士資格はこの業界で働く以上、職種を問わず役立てられる嬉しい資格です。

建設業経理事務士有資格者には一定の手当てを支給する会社も少なくはありません。

また、
就転職の際、採用担当者に“建設会社の特殊な会計処理能力を持っている人材”と認められ、採用の大きな決め手になることもあります。

定員制でもなく、7割以上の正解率なら建設業経理事務士試験合格も難しくありません!
また建設業経理事務士2級試験は比較的合格率の高い(48%)試験でもあります。

                       でも・・・。
                   ちょっと待って下さい!

建設業経理事務士2級試験に合格したいのなら、効率良く学習する事をお勧めします!

書店で、建設業経理事務士2級試験関連の本を購入して独学で勉強するのも良いですし、
スクールに通うのも一つの方法かもしれません。

ただどうしても見逃せないのが通信講座

何で!?
通信講座のメリットって何・・・?

1 独学と違って、最短の時間で合格できる勉強法やスケジュールが分かる。
2 スクール通うよりもずっと低価格。
3 仕事やプライベートの時間をうまくこなしながら、マイペースで勉強が可能。
4 テキストはもちろん、学習テープやビデオ、DVDなどが用意されているので、
自宅で何度も反復学習が可能。
5 通信講座といえども、インターネットを使用して講師に何度でも質問出来るサービスなど、
スクールと同じような環境が整えられている。

上記の事をふまえると、通信講座は見逃せません!



これは、あくまでも裏技ですが・・・。
同じ資格の通信講座の資料請求をしてみると、
どういう範囲でどのような学習を行ったら良いのかが見えてきます。各社で力を入れているポイントは多少違うかもしれません。ただ、各社とも同じ見解で『この部分は試験に出る可能性が高い!』と示している部分があります。
それを踏まえると、試験に出る(勉強しなくてはならない部分)が見えてきます。
また本当に通信講座を受講する際に、価格や講座内容でどれが自分に合っているか?が分かります。

本当に試験に合格したいのなら、最短の時間で効率よく勉強したいのなら、
情報収集がすごく大事だって思いますよね?


↓ 以下から建設業経理事務士2級試験の無料資料請求が出来ます ↓

建設業経理事務士2級者試験


決して安くはない資格取得。資料請求をする事によって、受験内容や試験範囲の把握も出来ます。
まずは検討してみる事をオススメします!



各種資格・講座リスト
□ コンピュータ・IT 関連 
初級シスアド システムアドミニストレータ パソコン技能試験(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
DTPエキスパート認証試験 基本情報技術者試験
□ 福祉・介護・保育・医療 関連
ケアワーカ介護福祉士 ケアマネージャー ホームヘルパー(訪問介護員2級)
福祉住環境コーディネーター 保育士 医療事務
精神保健福祉士 歯科助手 衛生管理者試験
□ 法律・財務 関連 
行政書士 社会保険労務士 宅建取引主任者
中小企業診断士 ファイナンシャルプランナー マンション管理士・管理業務主任者
□ 旅行・流通・貿易 関連
通関士 旅行業務取扱管理者(国内・総合) 消費生活アドバイザー
販売士2級・3級
□ 事務 関連 
簿記(2級・3級) 地方公務員 地方初級 建設業経理事務士2級
□ 土木・施行・建築・設備 関連
2級建築士 CAD利用技術者試験(CAD検定) 危険物取扱者試験
測量士補 第二種電気工事士 土木施工管理技師1級・2級
電験三種 ボイラー技士 試験
□ 語学系
英検・英語検定 3.4級〜準1級 TOEIC講座
□ インテリア系
インテリアコーディネーター カラーコーディネーター
□ その他
気象予報士

このページの上へ戻る