資格 通信講座>衛生管理者試験

衛生管理者試験ガイド 衛生管理者通信講座資料請求

衛生管理者試験

安全で、健康的な職場環境を作る専門家として活躍できる衛生管理者

労働災害による被災者の数は増加しており、
職場環境の悪化が大きな社会問題ともなっています。
そんな中、労働災害を未然に防ぎ、安全で健康的な職場環境を推進する
エキスパートとして活躍できます!

衛生管理者は50人以上の会社(事業所単位)では有資格者の選任が義務!
企業にとって不可欠な存在。

衛生管理者試験

試験日 全国で7ブロックに分けられている各地域の安全衛生技術センターにて、毎月1〜3回の割合で行われます。(実施日は各地域により異なる)
、詳しくは(財)安全衛生技術試験協会の試験情報ページで。
受験資格 大卒で1年以上、高卒で3年以上、学歴に関係なく10年以上など、労働衛生に関する一定の実務経験を必要とします。
しかし、この実務経験はあなたが労働衛生業務に従事したかどうか
(他業務との兼務も可)を、事業主や上司が証明すれば十分という簡単なものです。
試験内容 第一種免許

・労働衛生17問 
・関連法令17問 
・労働生理10問 (計44問)


第二種免許

・労働衛生10問 
・関連法令10問 
・労働生理10問 (計30問)


どちらも筆記試験の五肢択一式試験。
第一種免許と第二種免許の違いとは?

簡単にいえば、第一種免許はすべての業種に対応できますが、
第二種免許では、対応できない業種があるということです。
第二種は危険有害業務との関連が比較的薄い業種を対象としています。

免許の種類 衛生管理者として就くことのできる業種
第一種 全業種
第二種 下記の業種を除く全業種
農林水産業 鉱業 建設業 製造業 電気業 ガス業 水道業 熱供給業 運送業 自動車整備業 機械修理業 医療業 清掃業

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員を使用している事業所では、
衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。
しかし実際には有資格者の絶対数が不足していることもあり、
未選任の企業が多いという実情。このような状況の中ですから、
衛生管理者の資格を取得すれば、企業の総務・人事部門などを中心に大いに活躍でき、
将来的にもたいへん有利です。

合格ラインは、各科目ごと最低4割、全体で6割以上の正解率で合格できると言われています。
合格率は
第一種免許は 40〜45%
第二種免許は 60%
                       でも・・・。
                   ちょっと待って下さい!

衛生管理者試験に合格したいのなら、効率良く学習する事をお勧めします!

書店で、衛生管理者試験関連の本を購入して独学で勉強するのも良いですし、
スクールに通うのも一つの方法かもしれません。

ただどうしても見逃せないのが通信講座

何で!?
通信講座のメリットって何・・・?

1 独学と違って、最短の時間で合格できる勉強法やスケジュールが分かる。
2 スクール通うよりもずっと低価格。
3 仕事やプライベートの時間をうまくこなしながら、マイペースで勉強が可能。
4 テキストはもちろん、学習テープやビデオ、DVDなどが用意されているので、
自宅で何度も反復学習が可能。
5 通信講座といえども、インターネットを使用して講師に何度でも質問出来るサービスなど、
スクールと同じような環境が整えられている。

上記の事をふまえると、通信講座は見逃せません!



これは、あくまでも裏技ですが・・・。
同じ資格の通信講座の資料請求をしてみると、
どういう範囲でどのような学習を行ったら良いのかが見えてきます。各社で力を入れているポイントは多少違うかもしれません。ただ、各社とも同じ見解で『この部分は試験に出る可能性が高い!』と示している部分があります。
それを踏まえると、試験に出る(勉強しなくてはならない部分)が見えてきます。
また本当に通信講座を受講する際に、価格や講座内容でどれが自分に合っているか?が分かります。

本当に試験に合格したいのなら、最短の時間で効率よく勉強したいのなら、
情報収集がすごく大事だって思いますよね?




ここでは、管理人もよく利用する「ケイコとマナブ.net」は是非利用する事をお勧めします!
「ケイコとマナブ.net」は一つの資格試験で複数の学校から無料資料請求をする事が出来ます!


→ ケイコとマナブ衛生管理者 通信講座


資格取得に失敗しないためには、複数の学校から資料を取り寄せて比較検討する事が必要になってきます。学校を選択する際にはもちろん重要な作業ですが、実はそれだけではありません!!
資格取得のプロが作成している資料(パンフレット)には、その資格についての有益な情報が満載なのです。
スクールを考えている方にはもちろんの事、独学で資格取得を目指したい方には、その情報は必見です!

パンフレットには資格の概要はもちろんの事、業界の現状や将来性や現場の声など生の材料がたくさん詰まっています。
しかもスクールや通信講座を開催している企業は資格のプロの集団です。
個人ではなかなか入手する事が出来ない情報をたくさん持っていますし、教えてくれます。
それらの情報で検討する事により、資格取得までの時間短縮をする事が出来るはずです。


今までに一度でも資料請求をした事はありますか?
一度資料請求をすると、不定期で資料が送られてきます。その資料の内容は、
「最新試験情報・合格マニュアル・法改正・要チェック問題等」私たちでは知る事が出来ない有益な情報が記載されています。
その資料を参考にしない手はありません!

もちろん、資料請求をしても勧誘の電話がかかってくる事もありませんし、個人情報が漏洩する心配も現在はありません。個人情報保護法に違反すると懲役刑や罰金という措置が取られるために、個人情報保護法の施行により各学校とも個人情報には特に気を使っています。
↓ 以下から衛生管理者試験の無料資料請求が出来ます ↓

衛生管理者試験


決して安くはない資格取得。資料請求をする事によって、受験内容や試験範囲の把握も出来ます。
まずは検討してみる事をオススメします!

ケイコとマナブ
衛生管理者
通信講座
衛生管理者のページに直接リンクしています。

内容豊富な講座や本番さながらの模擬試験で、合格までサポート!



各種資格・講座リスト
□ コンピュータ・IT 関連 
初級シスアド システムアドミニストレータ パソコン技能試験(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
DTPエキスパート認証試験 基本情報技術者試験
□ 福祉・介護・保育・医療 関連
ケアワーカ介護福祉士 ケアマネージャー ホームヘルパー(訪問介護員2級)
福祉住環境コーディネーター 保育士 医療事務
精神保健福祉士 歯科助手 衛生管理者試験
□ 法律・財務 関連 
行政書士 社会保険労務士 宅建取引主任者
中小企業診断士 ファイナンシャルプランナー マンション管理士・管理業務主任者
□ 旅行・流通・貿易 関連
通関士 旅行業務取扱管理者(国内・総合) 消費生活アドバイザー
販売士2級・3級
□ 事務 関連 
簿記(2級・3級) 地方公務員 地方初級 建設業経理事務士2級
□ 土木・施行・建築・設備 関連
2級建築士 CAD利用技術者試験(CAD検定) 危険物取扱者試験
測量士補 第二種電気工事士 土木施工管理技師1級・2級
電験三種 ボイラー技士 試験
□ 語学系
英検・英語検定 3.4級〜準1級 TOEIC講座
□ インテリア系
インテリアコーディネーター カラーコーディネーター
□ その他
気象予報士

このページの上へ戻る